スポーツ業界で転職するために知っておくこと

まずスポーツ業界というのは少し特殊で、一般的な求人等ではそこまで情報が出されていないのが現状です。
そして更に珍しいのが、特段国家資格といわれる資格が必要無いのに専門職という扱いとなっているという点です。
これはまだまだ国がスポーツに対しての理解や力を入れていないという所があるのが現状でして、公的資格や民間資格ならスポーツの様々な資格は存在しますが、まだまだ十分に機能しているとはいえない状況です。
日本人はとにかく定期的にスポーツをするという文化が少ない国でしてスポーツに対する環境もまだまだ整備されていません。
人の健康にはかかせない運動なのですがまだまだ厳しいというのが現実なのです。

どう打開していくかが重要です

上記の通り日本はスポーツに対する考えがまだまだ海外には及びません。
その為大半の人がスポーツで食べていく事を断念しています。
それはプロスポーツ選手でも同様です。
多くの選手は働きながらやっていたり、低い給料で耐え忍んでいるという状況で、環境も整っていなくたとえ結果が出たとしても十分な報酬が確保されるという事でも無い厳しい環境が殆どなのです。
それはプロでは無く一般の国民にも当てはまります。
毎日毎日クタクタになるまで働き、休みの日は家族サービスとなってしまっているこの一般の家庭環境でどうやってスポーツに触れていくのかという状況だという事です。
もし子供が部活動をしてその練習で一緒にどこかに行ったり、必要な物を買ったりという事はあるかもしれませんが、それだけではまだまだスポーツ業界を潤す事ができません。
こういったスポーツに対する現実をしっかりと知った上で業界に飛び込まないと理想だけではやっていけないのです。

ピンチをチャンスにできる東京オリンピック

2020年には東京でオリンピックが開かれます。
その為スポーツ庁が設置され、国でスポーツに力を入れていこうという流れになり始めています。
なのでもしスポーツ業界で転職を考えているのだとしたら、今は最もチャンスであるといえます。
どんな仕事でもそうですが、自分が何をしたいのか、その仕事は今後どういう流れでどう進んでいくのかをしっかりと予測しておく事がとても大事です。
上記の通り自分が好きだというだけでは仕事は務まりません。
需要と供給という言葉がある通り、それを求めている人がいないとそれを供給は当然できないのです。
なので東京オリンピックでもし日本が良い結果を出せた時に国としては、より自国が優れいてるという所を見せたいが為にスポーツに継続的に力を入れていく事も予想されます。
なので今回のオリンピックはスポーツ業界で働く人にとっても大きなチャンスなのです。
今の需要としたら、新しい人材の育成が最も重要な所です。
そのオリンピックで成績を残せる人がいないとスポーツの宣伝にならないからです。
なので才能のある人をバンバン発掘して、育成していく事がとても大事な事なのです。
この様にスポーツ業界で転職をするとしたらこの様に世の中のニーズをしっかりと考えていく事が大事だといえます。

その他のチャンスにも目を向けましょう

スポーツ業界で今後伸びてきそうなのが、介護問題に対してです。
今国が様々な介護問題に力を入れていますが、全て後手後手となってしまっているのは誰もが承知の事だと思います。
それ位介護というのはとても困難な事で、理想通りにはいかないのです。
そこで今国が力を入れているのが、健康の維持・改善です。
体は使わなくなれば衰えていく、これは誰もが知っている事です。
ですが、スポーツの環境が整っていない日本では年配の方が気軽に体を楽しく動かせる場所が無いのです。
スポーツジムの存在があるのですが、これがまだまだ年配の方々のニーズにマッチしてないのです。
この様にスポーツ業界といっても狭い様でとても幅が広いです。
なので自分がどういった内容でスポーツ業界に関わりたいのかを明確にしていないと、スポーツ業界で活躍するのは難しいといえます。
只、まだまだ伸びしろが沢山ある業界だというのは間違いないので、今後を考えたら面白い業界だといえるでしょう。

スポーツ業界で正社員に転職する方法

スポーツ業界といっても正直様々な種類があります。
インストラクターや講師、販売員に工場等様々な仕事内容がスポーツ業界でもあるのです。

なのでスポーツ業界という希望だけでしたら普通の会社と同様で転職サイトや企業のホームページから応募を繰り返していけば働く事ができるのが現実です。
その中でもし自分の中で希望する会社やメーカー等があるとしたら、そこへ転職する為にできる事をしっかりと考える必要があります。

スポーツ業界だけでなく転職は今までやってきた事での勝負です

もしスポーツ業界に転職がしたいという事でしたら、まずはその業界に入りたい理由をちゃんと述べられないといけません。
そうなると必然的に過去の学生時代や社会人時代にスポーツに触れていないと中々難しいという所があると思います。
普通のサラリーマンでしたら仕事が好き、嫌いに関係なく仕事を義務感のみで行っている方も多いはずですが、スポーツ業界は少し特別な部分がありまして、この仕事は体を動かすのが好きな人、スポーツが好きな人がやる仕事だという雰囲気があ出来上がっているのです。
なので仕事だからと割り切ってやる仕事としてはかなり厳しいものであるといえます。
それが基本のスタートラインでもし転職となると、他の仕事と同様に過去に何をしってきて、このスポーツ業界でそれをどう活かせるのかを明確にしていないといけません。
たとえ全く畑違いの業界だとしても、ふとした所でその経験が役に立ったりします。
部下をマネジメントした経験はスポーツ業界以外でも全ての業界で役に立つはずです。
そして幅を広げて考えますと、スポーツ業界も組織ですので、当然その会社の中には営業もいれば事務もいますし、人事や総務や経理等様々な部署があり、そこでは専門的な知識や経験がある人は即戦力となって活躍できます。
なのでいくらスポーツ業界だからといって、今までの仕事が全く関係ないとはいえないのです。
なので今就いている仕事がどの程度のレベルでどんな仕事をしてきたのかが採用にとても大事になってくるのです。

スポーツ業界での鉄則

一般的に体育会系の学生は就職率が良いといわれていますが、ぞれは何故でしょうか?
それは元気な挨拶や礼儀、理不尽への耐久等本来社会人になって学んでいく事がもう部活動等で染み付いており、それが組織としても高評価されて高い就職率となっています。
同様にスポーツ業界はとにかく明るい挨拶や元気な声、といった事がとても基本になってきます。
業界としてもやはり体育会系の学生が多いという事もあり、そういった挨拶はもはや当たり前となってしまっています。
正社員としての就職を希望とするのでしたら、このレベルは確実にクリアしておかないといけません。
そして悲しいですが年齢的にも25歳を超えてきましたら元気で素直というだけでの就職は厳しくなってきてしまいます。
若さの特権はまだ何も出来上がっていない状態から会社色に染めていく事で、会社としてもやりやすいという理由から新卒採用はかなり大事な採用としてどの会社でも扱われております。
なのでその場合は何も知らない事が逆に武器になってきます。
ですがそれも25歳、第二新卒という年齢を過ぎますと、今までの経験をしっかりと見られる様になり、自分の能力をしっかりとアピールする必要があります。

もし何もアピールができないのだとしたら

中には今までずっと会社との息が合わなかった為に転職を繰り返してしまい、過去の実績が無かったとしましたら、それは別に何か勝負できる物を自分で調達してくるのがベストです。
それが体育会系の資格です。
体育関係のサイトを見ますと沢山の資格が載っています。
その中には知名度の高い資格も沢山あります。
そういう資格を頑張って取得し、本当にスポーツ業界に入りたいという事をアピールする必要があります。
未経験でそういう資格を自分で取ってきているというのはとても強いアピールとなります。
ですが、そこで気を付けないといけないのが、その取得した資格が多少なり活かせる会社にいかないと意味が無いのです。
野球の資格を取ったのに、テニスの企業の採用試験を受けてもあまり組織的にもピンときません。
なので自分が取得した資格と照らし合わせた職場選びが重要となります。
そこで情報収集が必要となります。
今の時代は昔と違いちょっとパソコンを開いて調べれば情報はふんだんに出てきます。
なので自分が受けたい企業や興味のある企業の採用情報を捜すのは難しい事では無いのです。
待っているだけでは無く、自主的に行動する事が正社員でスポーツ業界に転職する方法だといえます。

スポーツ関連の会社へ転職するのに気を付けておきたいこと

スポーツ関連の仕事は一般の求人ではそこまで見かける事が無いと思います。
それは日本という国ではまだまだスポーツに力を入れられていないという事に他なりません。
なのでもしスポーツ関連の仕事をしたい場合は一般的な求人サイトではなく自分でしっかりとスポーツに特化した求人サイトを探し出していく必要があるといえます。

まずスポーツ関連の中で何がしたいのかを決めましょう

これはスポーツだけでは無いのですが、どの業界でも中身は相当な種類があります。
しかも今回は関連ですので、幅が更に広くなります。
なので自分がスポーツで何がしたいのか、どういうものを扱いたいのか等を明確にしておく必要があります。
面接で何でも良いのでスポーツ関連の仕事に就きたいという人と、スポーツ関連の中でもこういう仕事がしたくてここに受けに来たという人が一緒に採用試験に来た場合は殆どの企業が後者を選びます。
なので自分自身が入社する為にも目的は明確にしておく事が必要なのです。

何が有利なのかをしっかりと調べましょう

スポーツ関連の仕事に就くには何をしていったら、何を持っていたら有利なのかをしっかりと把握しておきましょう。
上記でも書きました通り、日本ではまだまだスポーツへの理解や関心が海外に比べて低いのが特徴です。
国民全体でみても1週間に3回以上の運動をしているという人の割合は10%未満ととても少ないのが実情なのです。
なのでまだまだビジネスとしてはチャンスがあるのです、逆をいいますとまだビジネスとしてやるには需要が足りていないという事もまた現実なのです。
その中には世界でも有数の長時間労働を美学としている日本の根底の考え方が社会人になりスポーツに時間を割く事ができない理由の大きな1つであるといえます。
そういう実情等をしっかりと考えて、これからの時代はスポーツの仕事はどこがチャンスなのか、どういう事をしていく必要があるのかを知っていれば、その仕事に就くのに何が必要で何をしておけば良いのかの答えが出てきます。
スポーツ業界は当然スポーツを生業としてご飯を食べております。
その為自然とスポーツが好きな人、過去にスポーツをしていたという人が集まってきやすいです。
なので自分の過去をしっかりと考えてその業界に入る上で有利なのか不利なのかを知っておく事で何をするべきかが分かってきます。
過去にスポーツをしていたのならば、スポーツをしている人の気持ちや現場がどんな感じなのかという印象も多少はつきやすいと思いますが、全くスポーツに触れてこなかった方はそういう業界自体の現実等も分かりにくく、理想のみ高くなってしまっている可能性もあるのです。

体育会系の原則を理解しましょう

上記の通りスポーツ関連の仕事は大なり小なりスポーツに今まで関わりを持ってきた方が多い職場です。
一般的に体育会系の学生の就職率が良いといわれている理由が大きく2つあります。
それが先輩等への最低限の礼儀や挨拶がしっかりとできているという所と、理不尽への耐久性です。
勿論職場によっては希に体育会系に全く関わりの無かった人ばかりの環境の職場があるのかもしれませんが、基本的には体育会系の方が多いと思って間違いありません。
その為そういった方々が多いという事は自然と職場も少なからず体育会系の職場になりやすくなります。
なので挨拶や入社して暫くは理不尽なのが当たり前といった環境になってしまっている可能性をしっかりと考えておく必要があります。
それは他の職場でも同様かもしれませんが、体育会系の人が多ければ多い程その可能性が上がるのは間違いありませんので、その辺りの問題にしっかりと対応していけるのか、すぐに投げ出さないで耐える事ができるのかを冷静に判断をする事が大事です。

第2新卒 求人 東京

スポーツメーカーへの転職するために押さえておくポイント

スポーツメーカーに転職する上で必要な事は、スポーツメーカー入ってどんな仕事がしたいのかを明確にしておく事です。
スポーツメーカーといっても一般の会社と同様で様々な仕事があり、全員がスポーツが好きだったり、スポーツ選手出身だったりという事ではありません。
蛇の道は蛇という言葉がある通り、その部署にはその部署のスペシャリストが必要なのです。

転職は自分をアピールして買ってもらう事が目的です

転職は自分がずっとやりたかった仕事にチャレンジする場であったり、より良い条件を求めたり、将来独立を目指したり等人によって様々な理由がありますが、どんな理由にしろ一定年齢を超えた時点で自分の今までの手持ちのカードで勝負しないといけません。
なのでそのスポーツメーカーの会社にとって必要と思ってもらえる事がまず最も重要な課題となります。
実際に理想をいいますとやはりスポーツメーカーですので、過去に輝かしいスポーツの実績を持ち、学歴も一流大学を卒業している事に越した事はありませんが、もし転職を希望しているあなたが過去スポーツで輝かしい実績を残せていなかった、学歴も一流大学卒業の学歴では無いとしても、手持ちのカードは変えられません。
という事はその時点で多少なりハンデを克服する方法を探しておく必要があるのです。
実際に体育の学校はそこまで多くもなく、全社員が全て体育会系だという事はありませんので、自分の魅了をどう相手に伝えてビジネス的に会社の利益に貢献できるのかを伝える事が全ての始まりです。

その道をある程度極めておこう

人生はいつどんなタイミングで転機が訪れるかは誰にも分かりません。
ですがどんな世界でもいえる事が、しっかりと準備をしている人の所にチャンスは訪れるという事です。
もしあなたが上記の通り、スポーツも学歴も満足いくレベルでは無かったとしたら、少なくとも勝負できるものは特技と学校を卒業してからの職務経歴という事になります。
なのでもしスポーツメーカーに転職したいと思っても、ひと呼吸おいて冷静に考える必要があります。
もし今時分がしている仕事はそのスポーツメーカーで活かす事ができるのかが最大のポイントとなります。
もし活かせそうなら、その道のスペシャリストと言われても良い位のレベルに到達しておきましょう。
あなたの目的があくまでもスポーツメーカーへの転職という事ならばこの方法が最も可能性が高いといえます。
一見関係無い様に思える業界の経験も意外な所で関係してくるものです。
もしかしたら新規参入の可能性だっていずれ出てくるかもしれないのです。

営業でも様々な営業の種類があります。
飛び込み営業でしたら根気強さと打たれ強さが、反響営業だったら相手に不快感を与えないコミュニケーション能力や人目に慣れる効果が、テレホンアポインターだったらコツコツと仕事をする能力や考える前に行動する行動力等、同じ営業でもこうやって特徴が違います。
そしてどの営業でも何かしらに役に立つ可能性を大いに秘めているのが分かると思います。
なのであなたの職業での経験をどうやってスポーツメーカーで活かすのかをちゃんと考える事が採用の合否を大きく左右します。
全く役に立たないという事は無いはずでして、必ずどこかしらに接点が見つかるものです。
これらが勝負のポイントとなりますが、それ以前にもっと大事な事がスポーツが好きかどうかという事です。
少なかずスポーツの職場なのでスポーツが好きな人が当然多いです。
特に体育会系はそういった割合がとても多く見られます。
なのでスポーツは必ず好きになって下さい。

上記2点をしっかりと押さえて、とにかく根気強く転職活動をしていきましょう。
業界は狭い様で中は広いです。
これはどんな職業やスポーツでも同様です。
中に入ってみると意外に種類や人数は多いものなのです。日本国民の1%ですら100万人以上です。
少なく見えても業界自体の大きさは私達の予想を遥かに超えております。
ですので諦めずに何度もチャレンジをして夢を叶えましょう。

スポーツインストラクターへの転職で必要なこととは?

これはスポーツインストラクターだけでなく、全ての職業にいえる事なのですが、転職をする上で最も必要な事は熱意とやる気です。
単純かもしれませんが、これが本当に最も大事なのです。
有利か不利かという質問でしたら、過去に経験がある人やスポーツ経験のある人、体育の学校を卒業した人の方が当然有利です。
どんな理由があれ今までスポーツに何らかの形で携わってきた事は仕事をする上でとても役に立つからです。
ですがそれは大事であり必須では無いのです。
もしあなたが会社の社長だったとして、経験があってやる気が無い人か、経験が無くてやる気がある人どちらを採用したいでしょうか?
やる気は指導できませんが、知識は指導できますよね。
一般的にはそう考えますよね。
どうしても即戦力が欲しい場合は双方が不採用になりますよね。
それだけやる気や熱意は重要なのです。
なのでスポーツインストラクターにどうしてなりたいのかが明確になっており、暗記等では無く本心でその答えが見つかっている事がまずスタート地点となるのです。

熱意からの行動が勝負です

熱意があれば当然面接に備えて何かしらの行動を起こしてきているはずです。
スポーツインストラクターという職業は探せば求人はちゃんとありますし、未経験からでもチャレンジしている方もいらっしゃいます。
ですが本当にこの職業に就きたいと思った時には、それを証明できる証拠を提出しないといけません。
それが面接を受けた際に合否を分けるとても大きなポイントです。
今の時代はインターネットで様々な情報が溢れています。
なのでスポーツインストラクターに必要な能力やあった方が良い資格等も調べる事ができます。
単純な話ですが人より上に行きたいのなら人よりやればいいという単純な法則です。
なので他の人より自分が内定を貰いたいのなら、内定を貰える魅力を自分が示さないといけないのです。
スポーツインストラクターは医療等とは違い、国家資格等が必要な仕事ではありません。
勿論会社毎に独自の資格を作ったりして、インストラクターをするにはその資格を取得する必要がある等の条件を設けている会社もありますが、一般的にインストラクターをする上でアピールになる資格は少し調べれば色々と出てきます。
そういった資格を自分の空き時間を使って取得してきたりといった事はとても大きなアピールポイントになります。
資格が全てではありませんし、上記の通り資格よりも熱意とやる気ですが、その熱意とやる気からの行動がスポーツインストラクターの入社試験に合格する可能性を上げるにはとても重要なポイントとなるのです。
何事も普通の事をしていたら普通の結果しか返ってこない法則は一緒なのです。

好きと向いているかどうかの違い

上記で書いた事は嘘ではありませんし、やる気や熱意が最も重要なのは動き用の無い真実ですが、何事にも原則と例外がある様に仕事にも向き不向きといった現実があるのです。
スポーツインストラクターという仕事は少なくとも、外せない素質が無いといけません。
それがコミュニケーション能力です。
スポーツインストラクターはそのスポーツをしている人に対してアドバイスや指導等を付き添いながら行う事が仕事です。
なので性格的に1人が好きで人と話す事が好きではないといった方には当然厳しい仕事なのです。
たとえやる気があって熱意があったとしても、人と話す事が嫌いだという事は仕事でかなり無理をしながら行う必要があり、毎日多大なストレスを抱える事になります。
そうなってしまうと相手との信頼感等も得る事もできませんし、お互いに取ってマイナスな関係となってしまうのです。
これらは極論ですが、現実問題スポーツインストラクターはアドバイスや指導がメインの仕事ですので、第一印象等も大事となりますし、話をしていて相手が不快に思われない必要があります。
なので悪気は無いのに話し方が嫌味に聞こえてしまう方や無意識に相手を否定してしまう性格の方にはかなり厳しい仕事なのです。
残酷ですがこれはスポーツインストラクターだけの話ではありませんし、悲しいですが誰もが理解をしている現実問題なのです。
それではどうしようも無いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、世の中には本当に厳しい、無理だといわれていた世界で並々ならぬ努力でそれを克服した方もいらっしゃいます。
可能性は確かに藁を掴むような可能性かもしれませんが、その気になれば何でもできるという言葉がある通り、もしかしたら厳しいと言われていた性格ですら努力で変えてきた人もいるはずです。
結局の所諦めるか、諦めないかなのです。
どんなに厳しいといわれている世界でも生きていっている人は少なからずいらっしゃいます。
その中には才能に全く恵まれなかった方も必ずいます。
なのでそこは自分の気持ちとしっかりと相談する必要があります。
情報を集めるのはインターネットだけではありません、もしスポーツインストラクターになりたくて、素質的、性格的な所で悩んでいるのだとしたら自分で色々なインストラクターの方を会って相談してみるのも1つの手だといえます。
世の中には何が正解という事はありませんので自分が後悔しない選択をしていけたら好ましいでしょう。